笑顔の男性

病気という認識

うつ病は軽く見ず立派な病気と見る

うつ病は現代社会に潜む影のような病気で、世界的にも患者の多い病気といえる。特に太陽の日照時間の少ない場所などは、このうつ病になりやすいといわれている。また、燃え尽きのようなストレスを沢山抱えてしまうポジションで仕事や家事をしている人や、忙しい学生にもうつ病が現れやすいといわれている。それで、このうつ病の予備群まで数えるとかなりの人口になるといわれている。また、日本では約100万人がこのうつ病といわれているくらい、メジャーな病気なのである。では、このうつ病に苦しむ人が近くにいるならどんな助けが与えられるだろうか、またどのように接したらよいだろうか、そして接し方にもコツや気をつける事はあるだろうか、更に周りや家族はどんなことに気をつけたらよいだろうか。

接し方にも気をつける必要のある病

前述でも考えたように、うつ病の人が回りにいたり家族にいたりした場合には、どんな事に気をつけたらよいだろうか。例えば、接し方においてはまず消極的な話し方をしないのが鉄則である。何故なら接し方や話し方によって重度のうつ病患者はリストカットや自殺に発展してしまうケースがあるからだ。このような事が起こらないためにも言葉を良く選んで、感情的な重荷をうつ病患者に与えないようにする必要があるといえるだろう。また、具体的には頑張れとい言葉や何故やどうして、といった言い回しの言葉も控える方がよいだろう。また、相手が喜べる話や気持ちが落ち着く接し方も必要となるだろう。では、家族や周りにうつ病の人がいるなら、以上の事を考慮して接してみる事にしよう。

カウンセリングの専門にご相談を

やはりいきなり自分を変えて接すると言うのは、難しいことだと思います。ですが相手はもっと苦しんでいるので、そのことは理解してあげると自分も変わっていけるかと思います。うつ病の方でも性格が違うと同じように、普通の言葉掛け一つでパニックになってしまう方もいます。 相手も苦しいけど、自分も苦しくなってきたという方は、カウンセリングを専門にしている方に相談してみてはいかがでしょうか。カウンセリングを専門としている方は、主に心に病を抱えている方にはお勧めだと思います。相手がこうなってしまったと相談するだけで、自分がこれからどのようにしていけばいいのかなど、接し方についての様々なアドバイスをして頂けます。 病院でもカウンセリングの専門の方を紹介していただくことも可能ですので、サポートを必要としている方は一度相談してみることをお勧めします。